油壺マリンパーク

  • Korean
  • Chinese
  • English
Google検索
言語選択

パフォーマンス

HOME > 施設案内 > 水族館「魚の国」 > 東京湾ダイオウイカ~深海からの使者 再発見~

東京湾ダイオウイカ~深海からの使者 再発見~

東京湾ダイオウイカ

2014年9月に一般公開された「東京湾ダイオウイカ」に続き…2015年、新たに東京湾で子供のダイオウイカが見つかりました。
2015年11月現在、未だ4例しか報告がない貴重な「子供ダイオウイカ」を、アクリル包埋標本として一般公開します。

展示期間 2015年11月29日(日)~
場  所 水族館「魚の国」1階
魚のショーホール前
報道関係資料 プレスリリース「11月29日(日)から世界での報告例わずか3件の貴重な個体、東京湾『子どものダイオウイカ』を一般公開!」

これまでの経緯

2015年5月6日、神奈川県横須賀市の大津漁港にて、漁業関係者が水面に見慣れないイカが浮いているのを発見しました。これをアミですくい、港の水槽に収容しました。その後すぐに当館にも連絡があり、飼育員が確認に向かったところ、特徴はダイオウイカに当てはまるが、全長1.2mほどとかなり小さく、この大きさのダイオウイカは発見例がなかったため、同定ができませんでした。
その後しばらく当館で冷凍保存され、6月29日、国立科学博物館・筑波研究施設にて専門家による調査が行われました。その結果、生後1年未満、人間で言うと小学生くらいの、子供のダイオウイカであることがわかりました。
ダイオウイカは現在までにおよそ600個体が見つかっているものの、子供が見つかることは非常に稀で、2015年11月現在、わずか4例しか報告がありません。当館ではこの貴重な個体を、透明なアクリル樹脂に封入するアクリル包埋標本として一般公開いたします。

すいぞくかん学園

イベントカレンダー

ページトップへ ページトップへ